春の訪れを花が教えてくれる
うれしい季節がやってきました

この冬は部屋で育てていた植木が2種類も枯れ
さびしいもんでした

植木の世話は得意じゃないので
芽吹いてくるととそれはそれは
嬉しい気持ちになります

以前永沢まことさんが花を描くなら、アルストロメリアがいいね
と、話していたのが印象的で
花屋でみつけては購入していました
確かに輪郭もシャープで描きやすい
それでいて
模様がかわいらしく、色も鮮やか
しかし、毎度購入するよりもいっそ庭に植えてみてはどうかと思い
鉢植えを購入

決して豊かではない土壌にもかかわらず
翌年も花をつけてくれて
毎年この季節になると蕾が膨らむようになりました
年が経つごとに、蕾の数も増え
花を描きたければ庭へ、という優雅で素敵な環境となりました

描きものをしていると、集中しすぎて、同じ姿勢のまま
何時間も時間が経ってしまうのが常
そこではじめた休憩時間の草むしり
これが実によかった
気分転換はもちろんのこと、ウ〇コ〇りの体制が
骨盤をグンっと広げ、下半身にいいように思われる(わてくしの勝手な見解)
荒れ放題の庭も少しずつ綺麗になるとよいな

花を描くなら、アルストロメリアがおススメです

もうすぐ咲くよ

あんさん、かわいい花だねぇ~

クリスマスローズはもう終わり花を摘まねば

花を目の前にセット
頭も冴えてくるねぇ

花とは無関係画象
牛のお話はまた次回に

 

- Instagram -

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

 

- Facebook -

 

- Twitter -