このサイトにある、イラスト、画像等は著作権により保護されております。無断での複写・転載・配布はご遠慮ください。

東久留米市にて朗読劇開催

本日、被爆77周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開催される

77年前の今日、11時2分長崎市に米軍が原子爆弾を投下、7万人以上が死亡したとされる
身体は真っ黒焦げとなり
爛れた皮膚と皮膚がくっつき身体が折れ曲がった人
身体中にガラスの破片が刺さった人
身体がなくなって影だけが壁面に残る
って、どういうこと?
当時のモノクロの写真や
展示された黒く焼け焦げた弁当箱を見ても
なかなか想像し難い

これは戦争犯罪であり、国際法に違反した行為である

2度と繰り返してはいけない、
忘れてはいけない
世界で唯一の被爆国として、
長崎を最後の被爆地にするという使命が
私たちにはあるのではないか
SDGsも大切だろうけど
(イマイチ、ピンときていないが・・)
もっと単純に
世界平和を願いたい
よく日本人は平和ボケしてるというが
戦争で生死を彷徨い、住む場所をなくし、今日明日をもわからない人生を
送りたいとはきっと誰も思わない
平和認知症(普通に暮らす)の方がまだマシではないか

2021年に制作した
「  Message NAGASAKI 」
東久留米市で開催される朗読劇
【夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ一九四五】
の会場で展示していただくことになりました
この劇は、演劇ひろば代表 眞喜志康壮氏による演出、朗読指導のもと
小学1年生から80代までの幅広い世代の市民参加型の朗読劇舞台となる
限られた時間の中で練習を繰り返し当日の発表に臨む
とても楽しみだ

わたしが高校生の頃、はるか以前のことになるが
両親はコーラスの一員として平和コンサートに毎年参加していた
何らかの理由で何度か鑑賞したが
被爆者である女性が語り部となって当時の様子を朗読し
合間でコーラスが入る(父と母の出番)
生々しい内容だったように記憶しているが
1980年代ロックバンドにのめり込んでいたわたしにとって
暗く恐ろしい朗読は、完全に興味の域から逸れていた
が、
体験者自身から語られる戦争の歴史は
とても生々しく、その人にしかわからない感覚が
心に届いているのかな
作り話でもなく、あまりにも非現実的なリアルな世界が
記憶としてちゃんと残っている

東久留米市の朗読劇、できるだけ多くのかたに聞いてほしい
特に若い方に参加してもらいたい
必ず記憶として刻まれると思う
とても大切な貴重な発表会です

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

2022年8月20日(土)
開演 18:00 開場 18:00 (終演 20:00予定)
会場 東久留米市立生涯学習センターまろにえホール
入場料 無料
主催 NPO法人東久留米市文化協会
後援 東久留米市
舞台協力 夏の雲は忘れない東久留米実行委員会

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

- Instagram -

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

 

- Facebook -

 

- Twitter -